ジャパンディスプレイ予想もつかない初値後の動きとなり、現在も公開価格を一度も上回っていない状態が続いています。
何かと注目されて上場をしたジャパンディスプレイであり、IPOとしては公募価格で取得のしやすかったものだけに失望をした投資家も多いものでしたが、投資をするのであればこのように予想もつかずにいつまでも上昇するかもわからない銘柄よりも桐谷氏のように株主優待のある優良銘柄を探して投資をしたほうが効率のよい資産運用をすることができます。

桐谷氏が話題になる前から、株主優待を目的とした投資というのはありましたが、桐谷氏が脚光を浴びるようになってから更に多くの人が株主優待を目的とした投資をするようになり、現在では株主優待というのも投資をする上で見過ごすことができない要素の一つとなっています。
株主優待のある銘柄を選ぶ利点としては、株価が下落をしてしまっても優待で元を取ることができるので、株価が下がったからといって直ちに損をするわけではなく含み損がある段階であっても、優待や配当などで株を所有している意味を持つことができます。
そのため、多少株価が下がってしまっても気長に株価が戻ってくるのを待つ余裕を持つことができますし、値上がりした場合ものんびりと満足の行く値段まで株価が上がるのを待つこともできます。
次に最近の株主優待人気によって、優待のある銘柄が値下がりをすればその分だけお買い得感が出るようになったことから、株主優待のある銘柄というのは株価が下がれば一定の買いが入りやすいものとなっていて、値下がりがしづらい銘柄ともなっています。
そのため、企業分析をしっかりすることが前提ではありますが、株主優待がある銘柄はリスクが少なく安定した投資をしやすい銘柄となっているのです。