株をはじめた時というのは東洋電機のように、手頃な価格で購入をすることができる株を選びがちですが、東洋電機の場合配当こそありますが株主優待がないため、株を所有している楽しみというのは配当と値上がりを期待するだけになってしまいます。
大きく値動きをするような株ではありませんが、それだけに少し下がってしまうと戻ってくるまで時間がかかるため、その間モヤモヤとした気持ちで株価を見続けることになってしまいます。

そこで、最初に投資をする時には生活に便利な株主優待のある銘柄を選ぶと、株価が下がっても優待を楽しみに株を保有することができるので、投資をしやすくなります。
株主優待がある銘柄を選ぶ利点というのは、株価が値下がりしてしまった時にも優待を目当てに保有を続けやすいという利点だけでなく、株価が下がれば優待を目当てに株を購入する人が出てくるのを期待することができるので、株価が下がりにくいという利点があります。
そのため、比較的安定した銘柄を選択すればおおきく株価が下落をしてしまうという危険性も少なく、優待や配当を目的として投資をすることができるので多少の株価の上下にあまり振り回されることがないというのも大きな利点となるのです。
ただし、業績不振などの悪材料がでた場合にはいくら優待があるからといっても、下支えには限度がありますから株を購入する時には優待だけでなく企業の状態などもしっかりと判断をして業績に不安がないかと、株価が割高ではないかということなどを総合的に判断をした上で投資をするようにしましょう。
投資にはリスクがつきものであるため、最も重要なことはリスク管理を徹底することであり予想外の損失を被らないように気をつけることが大切です。